【2022年度】今年度のオランダワーキングホリデーが4月1日より募集開始。ワーホリ申請の注意点について


オランダワーホリ2022


2022年はぜひオランダにワーホリで渡航したい!という方必見!
わずか200枠で2021年は満席となってしまったオランダワーホリの2022年の動向について、
最新情報をお届けします。

 

2022年はぜひオランダにワーホリで渡航したい!という方必見!
わずか200枠で2021年は満席となってしまった
オランダワーホリの2022年の動向について、
最新情報をお届けします。

 

オランダワーホリの基礎知識

オランダワーホリの基礎知識

オランダってどんな国?ワーホリで渡航するとどれくらいの費用が必要なの?公用語、仕事で使う言語は?

オランダとオランダワーホリについてわかりやすくまとめています。全く何も知らない、または知識がまだ足りなくて不安…という方は、まずこのあたりの記事を少し見てみてください。街のことなど基本的な情報も掲載していますので、何もわからない状態でもきっと何かあなたなりの滞在のイメージややりたいことがつかめるはずですよ!

2022年のオランダワーホリの募集について

2022年のオランダワーホリの募集について

さて、2022年度のオランダワーキングホリデーの募集状況についてです。
オランダのワーキングホリデーは日本の年度に合わせ4月から3月までを1年の募集期間としています。

今年度は2022年4月1日から2023年3月31日となりますが、募集はすでに開始されました。

案内についてはオランダ政府公式サイトに掲出されています。

オランダワーホリの手続きは、まず大使館に応募メールを送付する”Pre-registration”(事前登録)から始まります。この受付が2022年4月1日から始まるとのことで、例年同様200人の募集枠を開放した旨が記載されています。
ただし、「たった200人の募集だから早く申し込まなきゃ!!」と急いで事前登録に進む前に、絶対に確認しておかなければならない注意点があります。これを怠ると事前登録の取り消しなどもあり得ますので、必ず確認してください。

①事前登録には有効期間がある

①事前登録には有効期間がある

事前登録は駐日オランダ王国大使館に応募の旨をメールするだけの簡単な手続きで、思い立ったらすぐ行動できるため「とりあえず事前登録だけしておこう!」と思いたくなるところです。

しかし、「事前登録後90日以内にオランダに入国し、Residence Permit申請の書類を郵送してそれが受理されていなければいけない」というルールがあり、これが行われないと登録が取り消されてしまいます。

簡単にいうと、事前登録後約3ヶ月以内に現地に渡航し、ある郵便を出して期日までに移民局に届けないといけない、ということです。スケジュール感としては、事前登録後2ヶ月以内くらいにオランダに渡航していると非常に安心です。
スケジュールから逆算し、「事前登録したものの渡航の準備が整っておらず、現地に到着するまでに3ヶ月以上経ってしまう」等の事態が起こらないよう、まずは応募より先に自分のスケジュールを確認しましょう。

②住居、語学学校等の繁忙期の見極めを

②住居、語学学校等の繁忙期の見極めを

オランダのワーホリは応募や渡航の日にちに定めがなく、自分の行きたい時に行けるのが大きなメリットです。しかしながら裏を返せば、いつ行くのが良いか?ということを自分で考えなければならないということでもあります。

オランダ、特にアムステルダムは慢性的な住居不足で家賃も高騰しています。現地で住む場所を見つけるのにも苦労する方が少なからずいらっしゃると思います。
一般的に日本と同じく、学生が入学、卒業する時期は物件の空き状況も大きく動き、不動産賃貸業界の「繁忙期」に突入します。オランダでいうと夏前〜夏頃が年度の変わり目で繁忙期に入るため、少し遅れるとタイミングを逃すこともあります。

また、語学学校は多くの生徒が夏休みに集中するため、夏は比較的満席になりやすいのが特徴です。夏に語学学校に通うと活気があって他の生徒との交流も弾みますが、語学学校は月に1回程度の入学日が決まっていることが多く、タイミングを誤ると希望の時期に通学できなくなることもあります。

これらを踏まえ夏付近の渡航を考えている方は、事前登録をしてしまい渡航の時期を固めてしまう前に、一息入れて現地の状況についてしっかりと情報収集することが非常に重要になってくるでしょう。

ワーホリ手続きを円滑に進めるために

ワーホリ手続きを円滑に進めるために

オランダのワーホリはご存知の通り歴史が非常に浅く、ビザ申請手続きについても担当者によって必要な書類が変わったり、厳しくなったり優しくなったり…。という声をよく聞きます。

情報収集をされる際には必ず「情報の出どころ」をよく確認し、ブログなどで書かれている情報も政府や移民局などの公式の発表を情報源としているかをよく確認してください。

ワーホリの事前登録やその後の進め方において「こんな感じだったけど大丈夫でした!」という一個人の意見も、その方の担当者がたまたま許してくれただけという場合も大いにあります。基本的には裏技、ルールの抜け道を突くような手続きの進め方はやめましょう。

なお、アイリスでは語学学校へお申し込みいただいた方に無料でワーホリのビザ申請サポートを行っています。準備すべき書類が全て揃っているか不安という方や、準備のスケジュール感が心配な方は是非ご活用くださいませ。

関連記事

  1. オランダ留学

  2. 【学生必見!】大学生のあなたに、オランダのワーホリが最適である7つの理由。

  3. 【アラサー女子に!】30歳直前で退職→駆け込みワーホリといえばオランダ!のワケ

  4. 【最新情報】オランダのワーキングホリデー徹底解説!

  5. フィンランド留学

  6. 【2022年】オランダワーホリ、英語だけでOK?英語力はどれくらい必要?徹底解明!